18 Apr 2018




都会と田舎

 銀座での個展を終えて、早10日。日々があっという間に飛んでいきました。

 お忙しい中お時間を作って観にいらして頂き、本当に本当にありがとうございました。銀座では6年ぶり、3回目の個展でした。

 一度目は東北の震災、そして原発事故のすぐ後でした。見たことの無い、暗い暗い銀座だった。そんな中でも、公共交通機関を使って観にいらしてくださった皆さまへの御恩は忘れない。

 二度目は父が体調を崩した直後でした。

 今回はじめて何事もなく、無事に多くのお客さまを迎えられた銀座展。ギャラリーの赤瀬圭子さんと谷相さんに温かいサポートをいただき、搬入搬出を手伝ってくれたAさん、K子さん、そして姪のKちゃんにも感謝! とにかく無事に終えられたことにほっとしています。

 次回は地元、三島市での展覧会。2019年4月1日からひと月弱とたっぷりの期間、そして広くて素晴らしい会場で企画頂いています。すぐにそちらの準備に取り掛かるつもりです。




 沼津クラスの展覧会準備に始まった、めまぐるしい数か月でした。その間に冬が終わり、春も駆け抜けていった。新緑の自然に目を向ければ、おいしいお茶を「一杯どうぞ」と淹れてもらったように、疲れも取れ、心が整う思いがします。

 タイミングよく、友人のジャズベーシスト、金子健さんのライブが、車ですぐの裾野市中央公園内にある江戸時代の古民家、旧・植松邸で行なわれました。これは前日に道順を確かめるため、出掛けた時の写真です。




 上を見上げたり、足元に目を凝らしたり、園内にある五つの滝の水音に圧倒されたり。

 沼津から、長泉、裾野、御殿場を走るJR御殿場線というローカル線が大好きで、急ぐ必要のない上京時など、以前は時々乗っていた。松田まで出て、小田急に乗り換え新宿へ出ると、驚くほど交通費が浮くだけでなく、景色がいいので時間がかかっても飽きないのです。

 そんな時、イヤホンでジャズを聴きながら車窓を眺めるのが、たまらなく好きでした。運がよければ、富士山の勇壮な景色を角度の変化を味わいながら拝めますし、野山や田園の風景ばかりでなく、エメラルド色の渓谷が突如姿を現したりもします。

 ジャズと言えば、都会、夜、お酒、バー、というイメージですが、昼間の自然の風景とジャズの組み合わせもまた格別。




 旧・植松邸は、農家の家。保存状態がとてもよい、国の重要文化財です。




BEFORE



AFTER


 大黒柱、太い曲がった梁、囲炉裏越しに見るライブは、都会のジャズバーで聴くのとは違う趣。金子さんとピアノの田村和大さんの息の合った掛け合いに引き込まれ、素晴らしい演奏を堪能しました。茅葺屋根の下に集まった満員のお客さまも大喜び。一緒に行った父(何を隠そう、昔バンドをやっていた)は、金子さんとご挨拶ができて感激の様子でした。築300年のこのお邸も、こんな愉しいことをしてもらえて、どんなにか嬉しかったことでしょう。

 レイ・ブラウン、オスカー・ピーターソン、ナットキングコール、デューク・エリントン、チャーリー・パーカー等のナンバーに加え、アンコールにディズニー映画「ピノキオ」から「星に願いを」を聴けたのもよかった。この曲には、庄野潤三先生の思い出があるからです。

 大きな演奏会の予定もあるそうで、富士の裾野でジャズPart2が、今からすごく愉しみ。詳細が分かり次第、こちらでもお知らせしたいです。


6 Apr 2018



菜画展

 インスタグラムにリポートするだけで精一杯で、こちらには何も書けないまま、あっという間に4日目が終わりました。毎日多くのお客さまにおいでいただき、本当に本当に感謝でいっぱいです。

 

 これは初日の朝に撮りました。まだがらんとしたギャラリーですが・・・

 オープン間もない時間に、サプライズ! 沼津の隣の清水町から、私の大好きなお花屋さん、giverny の三保夫妻が、素敵にアレンジされたお花を抱えて登場してくれたんです。お忙しいお二人なのに、遠くから本当にありがとう!




 その後もさまざまなお客さまが続々いらしてくださり、赤丸をいくつも頂いた。野菜の絵も好評です。

 夕方からはオープニングレセプションをしていただきました。オーナーの赤瀬圭子さん作の器に(圭子さんは陶芸作家とギャラリーオーナーの二刀流)、美味しそうなおつまみがどんどん並んで出てくる。そこへ麻布十番時代からお世話になっているYさんが、天むすを30個も(!)差し入れしてくださって感激。




 その間、このようにみなさん作品をとても丁寧に観てくださって、様々な感想や質問を投げかけてくれたのが、うれしかったです。

 そのうち青木和子さんもいらしてくださり、みんなも私も超・大興奮! 思い出に残る初日となりました。




 これは今回初めて発表した、野菜の絵のコーナーです。私の絵は女性ファンの方が多くいてくださいますが、この作品に関しては、男性の方々からも有難い感想を頂いています。

 3日目のこと、誰よりも遠くからのお客さまが来てくれた。南アフリカのケープタウンから。帰郷が重なった昔からの仲良し、Mちゃんです。「Hirolyn(私のニックネーム)、これは『禅』だね」だなんて、最高にうれしいことを言ってもらう。戦友のようなMちゃんにそう言われて、そこへ少しでも近づけるように、これからもがんばろうと誓う。




 作品展はあと二日、明日7日(土)と8日(日)で終わりです。もうすでに今から寂しい。ACさんの白く四角いスペースに、私の世界がカチッとはまっているのを観るのは、本当に幸せな事。個展は幸せ。心新たにそう感じています。

 exhibit のページをご覧の上、よろしければ、ぜひぜひ観にいらしてください。両日とも在廊します。


21 Mar 2018




三月三島のグループ展

 自分のことより先に、このことを書くべきでした。今となっては夢のような1週間。三島プラザホテルにある、Gallery PLAZA にて、沼津クラスのメンバーによるグループ展を行いました。おかげさまで連日多くのお客さまをお迎えすることができ、準備段階から終了、打ち上げまで、最高の会に。お運びくださった皆さま、プラザホテルのスタッフの方々、そして、日常と非日常を行ったり来たり、すごーく頑張って下さったメンバーに、あらためて感謝でいっぱいです。ありがとうございました!






 そもそもは、東京のレッスンを知った沼津のMさんが、2011年、震災の年の秋に「沼津でもやってくれないでしょうか」と仰ってくださった。そして個展でお世話になっていた、沼津の「ひもの和助」の奥村さんにご協力いただき、あの素敵なギャラリースペースで、少人数でスタートしたのが始まりです。

 本当はその数年前に、もっと少人数で短期間行なったこともあったのですが、本格的に始まったのは2011年。ですから今年の秋で、丸7年ということになります。

 お教室が現在の沼津駅北口、プラサヴェルデに移ったのが、2014年夏。・・・そうか、そこからもう4年が経つのですね。

 東京クラス同様、グループ展も回を重ねるごとに充実しています。人に作品を観てもらうことは、すごく勉強になるからです。思いもよらない感想を頂くこともあります。作品が、自分から巣立ってゆくような感覚も味わいます。制作には、さらに様々な学びが必要になってきます。お教室でのレッスンだけでなく、日々の何気ないことや感じたこと、遊ぶことから得る学びです。作品にはとにかく「質」が必要だから。難しいことですが、日々自分に言い聞かせていること。




 次回は1年半後ではなく、ギャラリーの都合もあり2年後となりました。次はどんな作品が・・・。




 今回のギャラリー風景や作品の一部は、Instagram の日々を綴る方のアカウントにUPしておりますので、ご興味のある方は是非。また私もやってみたいなと思ってくださった方、Lessonページをご覧の上、お気軽にお問い合わせください。ご一緒に描いたり切ったり貼ったり、いたしましょう♪ 



20 Mar 2018




19回目の個展

 数えてみたら、19回目でした。4月3日から8日、銀座ACギャラリーにて個展を開催します。イギリスから帰国後、ご縁を頂き麻布十番のギャラリー東京映像でスタートした展覧会活動も、知らない間に回を重ねていたんですね。

 人間にしたら19歳。20歳の記念展となるのか、来年は今までになく大きな展覧会を控えています。今回ACさんでさせて頂くテーマに選んだ「野菜」も、節目への道しるべのように、自分では感じている。

 野菜だけではなく、身近な畑や家庭菜園からインスピレーションを得た小さな抽象や、器の絵、花の絵もご覧いただきます。詳細を 'exhibit' のページにUPしました。ぜひ春の銀座へお出かけください♪

 

5 Mar 2018




熊谷守一さんの絵

 やっぱり書かないわけにはいかない。

 先日の東京のレッスンの後、もうこの日しか行ける日がないという午後に、用事を済ませ、やっと竹橋の国立近代美術館に行って来れた。もっともっとじっくり観たいし、できることならもう一度行きたいくらいだが、それはいつか、岐阜にある美術館を訪ねる日を夢見て待とう。

 たった2時間ではあったけれど、巨木の幹に耳を押し当てたときのように、様々な思いが沸き起こり、その根元にあった木の葉一枚、小石一個をしっかり握りしめて帰ってきた。こんな展覧会を観られたことに、ただ感謝です。




 夢中で絵を観ながら順路をめぐっていて、ふっと我に返った。美術館の広い空間が、静寂で満たされているのに気が付いたのです。熊谷さんの絵を、こんなにも大勢の人が求めているのかと驚くほど、様々な年代、多くの人々がいるというのに、空気がしんと静まり返っている。

 みんな、仏さまの像を拝むような気持ちで、絵を「体験」しているのではないかと思いました。

 熊谷守一さんのことを知ったのは、30年ほど前に遡ります。図書館で、『蒼蠅』と『へたも絵のうち』と言う、熊谷さんの言葉が聞き書きされた本を偶然にみつけ、当時は古書で探すなんて言う考えも浮かばぬまま繰り返し借り、読書ノートに書き写していた。ちょうど、フルタイムのイラストレーターとしてスタートした頃。熊谷さんの数々の言葉には、以来ずっとお世話になっている。絵を描くことの心得のように、影響を受け続けています。

 熊谷さんの絵や書には、観るたびに新しい思いが起こる。何か宇宙の根源的なものと通じているからではないかと思う。それはひとえに、ものを「よく観る」。そして「よく感じる」ことから始まるのではないだろうか。


  「同じものを何度も描くうち、よいものが生まれる」


 うん、対象も、自分の描いた絵も、よく観ること。あと、光と影を、平面的な着彩で表すことなども、今回の展覧で響いた。

 ご本人も好まない呼び名だと本で知ったせいもあるのか、私にとって熊谷さんは「仙人」ではない。もっと生な人間のように思います。

 絵がうまく描けないとき、それを「おもしろい」などと仰る。でもはたから見ている奥さまによれば、画家はそんな時、怖い顔をしている。でも「おもしろい」とご本人は思いながら描いている。

 篠田桃紅さんもまた私の心の師匠ですが、やはり上手く描けないとき、「自分はこの程度なのだ」と思って、くよくよしないとあった。くよくよしないということは、「次」を見ているということで、やはりそれは「おもしろい」ことなのではと思う。

 上手く描けないことがほとんどの私にとって、なんと励みになる言葉だろう。

 あれはいつ頃だったか、今は豊島区立になった、千早の熊谷守一美術館に初めて行った。一家が暮らしていたその場所に、次女の榧さんが建てられたモダンな美術館。ちょうど榧さんご自身が個展をされていて、ひとけのないギャラリーにひとりでおられた。言葉を交わした記憶はあるものの、この方が・・・とドキドキして、何を話したか覚えていない。今だったら、こんなこともあんなことも訊きたいのに。若かったのですね。 
 



 さて、何かにものすごく感動をした後には、おまけのように「不思議」が起こるものですが、展覧会にノックアウトの翌日、三島に所用で出かけた折、こんな白猫に出合いました。お寺の門にたたずんで、こっちを向いて。その眼は昨日観てきた熊谷さんの描く「白猫」にそっくりだった。熊谷さんは猫の眼に、あるリズムを与えていた。この子の眼にもそれがあった。

 ありがとう、の思いで写真を撮りました。立ち去りがたかったけれど、猫の方が先に、次の用事へと去って行った。いつも猫に出合ったときにするように「車に気を付けるんだよ」。私も去りながら、心で唱えました。

4 Mar 2018




チカラ飯

 だんだん佳境で、悪夢さえ見なくなってきました。グループ展と個展の準備、間に合うだろうか。

 月に一度訪問してくださる父のケアマネージャーさんには、この恥ずかしい舞台裏を見せざるを得ない。茶の間が荷物や額縁の山で、エライことになっているからです。

 美人で可愛くて明るくてやさしくて、父も私も大好きなその方が、「でも何とかできちゃうもんなんですよね」と笑顔で言ってくれたのはありがたかった。肩の力を抜くことができた。バラの絵の小品を観て、「わー・・・」としばらく感動してくださった後だったから、なおさらうれしかった。

 そんな今日この頃の私のサラメシは、パスタが多い。なぜに・・・と考えてみる。

 作る段取りがクリアで、時間の無駄がない。お湯を沸かすのに8分くらい。面を茹でるのに5分。その間、どんな具にしようかなと考えて、その準備までできる。しかも私は猫舌なので、出来上がってお鍋や道具を洗ってから、「ハイ、いただきます」がちょうどいい。父はこのようなものを食さないので、別にお弁当を用意してあるから、ひとり分。好きなように、組み合わせの実験ができる。作る喜び、愉しさがある。よって、どんなに忙しい時でも、苦にならないのでアール。

 左からシーフードとそら豆のパスタ。搾菜と大根おろしのパスタ、シーフードと青じそとカラスミのパスタです。カラスミパウダーは、よく行くスーパーの片隅で発見して以来、はまってます。

 


 その個展です。4月3日から8日の会期で、久しぶりに銀座ACギャラリーさんにお世話になります。

 今回は野菜の絵を、新しくご覧に入れたいと思っています。あまり数は多くないですが、ああ、きれいだなーと思って、気合で描いたお野菜、10数点を額装します。

 ほかに、イラストレーションや挿絵で、野菜や果物が題材となったもの、また私がよく歩く近くの畑の風景を、小さな小さな抽象にした水彩もご覧ください。畑のことを 'patch' と言いますが、紙のパッチワークも観てほしいなと思っています。まだ制作途中。間に合うようがんばります。花の絵も少し。

 詳細は以下の通りです。お運びいただけましたら幸せです。


↑クリックで拡大

 
 さあ、今日も張り切ってまいりましょう♪
 

5 Feb 2018




沼津クラス、グループ展のお知らせ

 今日も寒いですねー。この間GUで見つけたフリースの白いロングカーディガンがあって、これを一日中手放せません。鏡を見ると、ミシュラン坊や的な自分。宅急便屋さんにどう思われてもいい。だって寒いんですもの。

 そんな中でも早起き習慣は続行中です。ただ3時はやはり極端でした。4時にしました。一仕事の後、日が昇り、家事をする。今朝はゴミ出しのままそのあたりを一巡り。お稲荷さんに手をあわせてきたら清々しく、延ばし延ばしだった金柑の木の剪定をやっつけました。ヒヨドリやメジロがやってきますが、ヒヨは力があるから実を落とす。隣家に迷惑だったと思います。

 45リットルのごみ袋2つ。他にもやっつけるべき木が二本ありますが、今日のところはこのくらいで(自分を)勘弁してやろう。

 さて今日の本題です。グループ展の話。一年半に一度のペースで、東京、沼津共にお教室の展覧会を開催しています。歳をとってきたのか、一年半が一年くらいの感覚になってきましたが、「半」とすることで季節が変化するのがミソです。

 沼津のグループ展、前回は一昨年の11月、晩秋の頃でした。手紙をテーマに行いました。Gallery PLAZAは旧東海道の三島宿の中心、商店街に面したみしまプラザホテルにあるガラス張りのギャラリーです。信じられないほど多くのお客さまにご覧いただき、連日の大盛況に感謝、感謝でした。

 今回は明るい春。「ファッション」がテーマです。

 ファッションと言っても、「ハイ・ファッション」ではありません。例えば靴、例えば帽子、例えばボタン、例えばテキスタイルの図案、例えば昔のドレス…という風に、お洋服に関わる何かを作品の主題にしています。

 いつものように、メンバーそれぞれが工夫を凝らしたオリジナル作品。おもちゃ箱をひっくり返したような、愉しさと明るさのあふれる展覧会にしたいと思っています。よかったらぜひ足をお運びください。


 案内状、いつものデザインと一味違う感じに仕上がりました。まずドローイングでチョッキ(ベスト、ウェストコートとも言いますね)を描きました。そこにバッジをいっぱい。みんなの作品の部分です。

 このデザイン、ワードでやっていると言うと、皆さんビックリされます。私のお願いしている印刷会社さんでは、ワード入稿ができるんです。助かる。




 ↑をクリックして、詳細をご覧ください。搬入までほぼひと月。引き続き、早起き&追い込み頑張ります!

 追伸: 東京クラスのグループ展は、本年10月末から11月にかけて。こちらも4月くらいから、ボチボチ準備と行きましょう。